人気ブログランキング |

導かれている~

 今朝のZIP!で、最近話題の女優さんとして、
映画の宣伝を兼ねて小松菜奈さんが紹介されてい
のですが、彼女はモデルとして活躍していると
きにある映画のヒロインに抜擢されて、最初は、
「ありえない!絶対、無理!」と思ったそうです。
が、元来、負けず嫌いなのでがんばってみたら、
女優業にモデル業のキャリアが活かせることがわ
かり、次々と声がかかるようになって、現在は個
性派女優として活躍中。逆に、女優としての仕事
がモデルの仕事に活かせるようになった、という
ことでした。
 それを見ていたレギュラーの鈴木杏樹さんが、
「導かれているという感じがしますね。」
とコメントしました。そうなんだよ、導かれちゃ
ったよ、ということは、この年になると、よく
あります。
 今朝、懐メロのブログの方にピンクレディーの
歌をアップしましたが、ピンクレディーも最初は
スター誕生でフォークを歌ってデビューしたわけ
で、当人たちは、まさか、セクシーデュオとして
売り出されるとは思っていなかったわけ。だから、
あの路線で売れまくって嫌で嫌でたまらなかった
らしい。若い頃はきっと悩んだことでしょう。し
かし、今となっては、ふっきれたように、当時の
ヒット曲を歌ってツアーしてますからね。そんな
風に、当人の意思や希望と関係ないところで、人
生が展開していくことがあります。
 私も高校受験の失敗を機に、単に国立を受験す
るためだけに苦手な理系科目だけを重点的に勉強
していたらそちらも得意科目っぽくなってしまっ
て、理系の進学実績をあげたい高校の思惑と、就
職を確実にさせたい親の思惑に逆らえずに、まさ
かの理系に進学して、そりゃ、若い頃は複雑な気
持ちで悩みました。就職してからも、
「理系だから機械に強いでしょ」
などと言われて悩みっぱなしです。しかし、そこ
で「本当は苦手です」「理系科目は嫌いです」な
んて言ったら嫌味になるかもしれないから、自分
の苦手意識を大っぴらにできないし、自分のキャ
リアを愚痴ることもできない。それが辛かったけ
れど、はたから見たら、贅沢な悩みの一言で終わ
ってしまうでしょうし、理解してもらえっこない
ので楽しそうに振る舞っていました。
 嫌いな分野で無理やりがんばってきた後で、リ
ストラされたときには、私の今までの人生は無駄
だったのか?と一瞬、思ったんだけど、それで英
語翻訳の仕事につけたのだから信じられない。
 翻訳会社の社長さんは、
「英語だけできる人はいる。技術がわかる人もい
る。しかし、両方がわかって文章を書ける人は、
ほとんどいない。あなたの強みはそこなんです。
本当は文系なのかな?」
と言ってくれます。つまり、私がこの仕事をでき
るのは理系の経験があるからです。英語だけ専門
的に学習していたら今の仕事はできなかったかも
しれません。理系に進学したときには想像だにし
なかった未来にいます。
 そんな風に自分で望もうと望むまいと、思わぬ
方向に進んでしまうことがあります。実は、子ど
ものときも周りから期待されている自分と、本当
の自分がずれていて、でも、期待されている自分
の方がどんどん大きくなって、そちらの方向に進
んでしまって、気付いたら、こんなはずじゃない
キャラになってしまった!なんてことがあります。
ここでいう期待とは、良い期待ばかりではありま
せんよ。「こういう人に違いない」という期待、
思い込み、のようなものです。
大人になるともっとそうです。どんどん、思わぬ
自分になって、想像と違う方向に導かれてしまう。
そこには、環境や周りにいる人間の影響があるで
しょう。そんな中で、素のままの自分でいられる
友達や瞬間は貴重だなあ、と最近、思う(なかな
か、ないけど)。
 導かれている、というと、宗教っぽいけれど、
逆に、宗教が、こういう人生の一般的な流れや
転機を分析して系統化しているのではないでしょ
うか。結局、景気やら災害やら不可避なイベント
に遭遇したとき、何らかの転機が訪れたときには、
そのとき周りにいた人たちから大きな影響を受け
て導かれているのかなあ。であれば、自分も、で
きるだけ良い影響を周りの人に与えられたらいい
な、と思うし、自分も良い影響を受けたいな、と
思う。悪い影響は・・・避けたいけれど、それで
も何もないよりはましだと思います。誰とも関わ
らずに何の影響も受けない、自分の意思だけでコ
ントロールできる人生なんてつまらないでしょう。
誰かに、ありえない期待をされたら、素のままの
自分を大事にしながらも、その期待にこたえてみ
るのも良いんじゃないかな?新しいことにたくさ
んチャレンジしたいものですね。

by akira_dai | 2016-12-16 22:43

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。