私もチャラ男?

 2月の予定もだいぶ決まって、お疲れぎみでも
気分はハイ。久々に会社関係の人とも会えそうだ
し、かなり、うきうき。
 そんな風に隙がありまくりの私、先日、「あち
ら側の彼ら」の投稿を書いていて、ふと気づいた
のだ。私は「こちら側の人妻」なのだ!そう、彼
らにとって、何の後くされもない、何の組織のつ
ながりもない、ただの人妻なのだ!何と、何と、
今まで想像だにしない官能的な響きなのだろう!
 そう、彼らの中には、それこそ人妻とイイ関係
になった奴もいれば、女が原因で離婚にいたって
今や別の家庭をもって知らぬふりをしている奴も
いる。侮れないではないか!
 しかも、この7年ものブランクの間、か弱い私
は病に苦しんでいて、ほとんど外出せず、男性ど
ころか女性とも会っていない始末。そんな私が、
飲み会で、彼らが会社から駆けつけてスーツのネ
クタイをゆるめながら、
「とりあえずビール!」
なんて注文をしようものなら、そのかっこ良さに
クラクラしてドキドキすること間違いなし(それ
は病気のせい)。
 さらに、会話がちょっと途切れて目が合おうも
のなら、瞳が潤んで相手の顔がボヤけて妙にかっ
こ良く見える可能性もある(それは老眼のせい)。
とにかく、危険がいっぱいの再会になるかもしれ
ない。
 しかも、会社にいる頃から、ジェントルな彼ら
は、さらりと、
「変わらないよね」
「きれいになったよね」
と『社交辞令』で言うのだから油断できない。
 そんなわけで、私はこのたび、チャラ男の研究
を開始したのであります。で、調べてみたら、出
てくる、出てくる、「チャラ男の特徴」的な記事
がたくさん。おかげで、チャラ男チェックリスト
なるものも完成し、(はーあ、なるほどね)と、
ものすごく感心。今まで、あちら側にいた私は、
チャラ男も含むすべての男性と友達だったので、
一緒にチャラチャラ笑っていたが、奴らはまさし
く女性の敵である!
 ところが、チェックリストを見ているうちに、
何だか身に覚えがある気がしてきた。例えば・・
異性の友だちが多い⇒YES
メッセージにまめである⇒YES
誰にでも優しい⇒YES
そっけなくすると、すぐに冷たくなる⇒YES
やたらとほめる⇒YES


あれ。これ、私のことか?えー、もしかして、
私ってチャラ男キャラだったのー?真面目に誠実
に親切にしてるつもりだったのになあ・・違いは、
相手に「好きだよ」と言わないことくらい。何だ
かもやもやしてきた。もしや、結婚が遅れたのは、
周りの男性たちに、「あの女、チャラい」と思わ
れていたのかも・・・がーーーん・・・
 しかし、この年になって、チャラ男の生態につ
いて初めて知るとは恐ろしい。女扱いされていな
くて良かった、あるいは、「チャラい女」と思わ
れていたなら、それもラッキーだったかも。
 今月か来月に飲み会もあるから、それまでに、
もちっと研究して、飲みの話題にしようかな。
いや、その前に、仕事の話だな。チャラ男の心理
はなかなか奥が深い。いつか、偉大な小説家にな
ったら、寂しい複雑なチャラ男を主人公にして、
NHKのドラマに採用してもらいたい・・・と
いう、新しい野望がわいてきました。


[PR]
by akira_dai | 2017-02-07 22:50

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。