人気ブログランキング |

今日はタイム!

 子供の頃、鬼ごっこやケイドロで走っていて、苦
しくなったりトイレに行きたくなったりして、「タ
イム!」と叫んだ経験はありませんか?ここ数日、ち
ょっと飛ばし過ぎて「タイム!」と叫びたい今日の
akiraです。
 高校の仲良しグループ全員と連絡がつき、集まる日
程も決まり、あとはレストランを予約するだけ(なん
で、私が仕切ってるの?)。その前に、来週の飲み会
の飲み屋を予約しないといけません。さらに、昨晩は
幼馴染を発見し、無事に携帯情報の交換をしてテンシ
ョンは上がったものの、そこで、ちょっと息切れ。息
が切れれば、また妙な寂しさを感じる更年期(笑)。
やはり、神経が昂ぶりすぎると体調に影響が出るので
しょう。昔はハイテンションで周囲を疲れさせた私で
すが、今は病気のせいだけじゃなく年のせいもあり、
昔みたいには飛ばせないということですよね。短気で
せっかちだから、どんどん物事を進めてしまうけれど、
少し休み休みにしなくては。昼間は仕事、夜は家事で
独りでゆっくりする時間も意外とありませんしね。
 そんな私、今週は役員仕事週間です。たった今、委
員長と会って打ち合わせをしたところ。無事に広報紙
の1ページ目の作成が終わり、今週末は2ページ目を
「ライブ」で作成するのです。内容は合唱コンクール。
コンクール当日にその場で記事をまとめて、そのまま
印刷屋さんに入稿しないといけないのです。タイトす
ぎる・・・しかし、これで役員の仕事も最後です。
 私は役員決めのときに、保護者全員が下を向くあの
空気が嫌いです。小学校のときもそうですが、入学し
てすぐの保護者会で、私は誰とも相談せずに単独で立
候補してしまうのですよ。そこで役員を終わらせてお
けば、残りの数年はフリーというご褒美もありますし、
誰かが立候補した途端に空気が緩むので、かえって気
楽になります。
「忙しいから無理」
「やらないで済む人が大半なんだから、やるのは損!」
と言う人が多いのですが、役員になってみると、案外、
フルタイムで働いている人や介護で大変な人、母親が
いないから婆ちゃんが出てきてる人、など、わけあり
の人も頑張っていたりして、(みんな、事情があるん
だから逃げ回るなよ!)と、俯く人たちに対してちょ
っとムッとしてしまいます。今は片親も多いので、そ
りゃ大変ですよ。自宅で仕事ができる私は恵まれてい
ることは承知ですが、何かと損得で考える根性は、役
員の話に関わらず、卑しくて嫌いですね。仮に損して
もいいんじゃないの?とにかく、ちっちゃい感じが嫌
です。ちょっと前に会ったD大の友達も、フルタイム
で外資で働いていますが役員の上に、土日は子どもの
サッカーの係までしています。そう、D大女子は皆、
貧乏性で働き者(笑)。シングルマザーになったら、
かえって、どんどん頑張るタイプばかりです。
 ちなみに、中学の役員は、月に1回の委員会の出席
者も4、5人しかいません。無理はしない、させない
がPTAのポリシーなので、「無理」の定義はともか
く誰も無理をしないんです。本当は20人くらいいる
はずなのですが、常に、出席者は、4、5人。委員長
は大変だなあ、と感じています。逆に言えば、無理を
しなくて良いので、やる気がなくて無理矢理役員にな
った人も、1つか2つ、小さなお手伝いをすればそれ
で済みます。だから、できそうにない人も役員をやっ
てみれば良いと思うのですが・・・。逃げ回って経験
がない人は、想像の中で、ものすごく大変だと思って
いるのでしょうね。その時にしかできない経験を1つ、
無駄にしているとも言えます。
 その時しかできない経験か・・・。これを意識する
と、また上手く生きられるかもしれないなあ。10代、
20代と、これからの50代で、今しかできないこと
は違う。しかも人それぞれです。他の人と比べる必要
はない。けれども、確実に、今の私の生活、仕事、友
達、人脈は、すべて過去の自分の行動の結果なのです。
ずいぶん、貯金があったのだな、と思う・・・。しか
し、結婚して子供ができてリストラされて病気になっ
てから、社会や人との関わり合いが減って、ずいぶん、
貯金が減ってしまったなあ、と思うことがあります。
 しかし、私は動き始めました。先のことはわからな
いけれど、今週の役員仕事が、来週の飲み会が、4月
の高校時代の友達とのランチが、昨晩、携帯番号を交
わし合った幼馴染との再会が、こういう、すべての関
わり合いが10年後の自分の人生に活かされることで
しょう。損だとか得だとか言っていないでできる範囲
で手を貸し手を借り、休み休み、一緒に楽しく過ごせ
れば良いですね。
 あー、でも、今日は、タイム、タイム!ちょっと独り
ぼっちでダラダラしたい気分です。

by akira_dai | 2017-03-06 14:06

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。