人気ブログランキング |

85%の妻に不満あり

 今日は、おととい、急遽、会おうと決めた
友達に会ってきました。今まで会った女友達
と同様に、夫への不満爆発です。
 今年に入って私が会った女友達は、合計6
人(大勢で会った高校の友達は除く)です。
そのうち5人が夫に不満をもっています。
特にDVや浮気などの決定的な原因がある
わけではなく、日々の生活の中の不満がた
まりにたまって、
「2人きりになったら、どうしよう」
「夫が気持ち悪い」
「土日は(夫がいるから)家にいたくない」
「洗濯物を一緒に洗えない」
といった結果に至ります。5人のうちの1人
はとうとう我慢ならなくなり、めでたく離婚
することができました。残りの4人は、
「あとXX年後」
とカウントダウンしています。といっても本
当に離婚できるとは思えないんだけど・・・
しかし、問題は、ほとんどの夫がそういう妻
の気持ちに気付いていません。(まさか、そ
こまで俺のことが嫌だったの?俺、がんばっ
てきたんだけど。)という気持ちでしょう。
きっとそうです。しかし、妻の方は、
「あんた、何をがんばってきたの?」
という気持ちなわけです。お互いの大変さが
見えないんですね。そして、女性の方が不公
平さを感じているんですよ。私もそれはわか
ります。非常に感情的な問題だと思います。
 ところで、先々週、見た、NHKのドキュ
メンタリー番組「夫婦の危機」によると、日
本の場合、夫に不満がある妻は85%もいる
そうです。私が会った女友だちは6人。その
85%を計算すると5.1人。おお!統計と合
っているではないか!
 大体、子供が大学に入ったところ、あるい
は結婚20年目くらいで節目がくるようです。
うちは結婚15年目なので、私としては、
(同じことを感じることもあるけれど、そこ
まで言わなくても、、。)くらいの感じです。
それで、先日、会った別の友達には、
「ご主人のことを一瞬でも、うざいと思うな
んて、可哀相だと思わない?私も鬱陶しいな
と思う瞬間はあるけれど、そのたびに、申し
訳ない、可哀相な気持ちになるのよ」
とフォローのつもりで言ってみたんです。そ
したら、
「5年前は私も可哀相と思う気持ちはあった
のよ。同じよ!akiraちゃんも5年後は危ない
わよ!」
と言われて愕然としました。そんなわけで、
最近は、夫を疎んじる女友達に会うたびに、
「そうならないためには、どうしたらいいの?」
「どうして、そうなっちゃうの?」
と聞くようにしています。皆さん、先輩夫婦
ですし、6人中5人もの妻が「夫が嫌だ」と言
っているのですから、何か共通の原因があるは
ずです。それを私は克服しなければなりません。
 それぞれ具体的な細かい内容は違いますが、
共通していることは、
「夫は理解してくれない(あるいは、とんちん
かん)」
「協力的でない(特に子供のこと)」
といったものです。さらに、
「私は夫のお母さんではない」
が続きます。なるほどね。うちの場合は、パパ
がお母さんみたいなものだから、最後の部分は
大丈夫だな、と安心。しかし、理解してくれな
い、協力的でない、、、これはね、お互いの基
準の違いでどうにでも評価できるところなので、
何とも言えないなあ。基準を低くすれば、
(協力的!)と喜べるし、基準を高くすれば、
(非協力的!)となりますよね。理解の方もそ
うです。期待しなければいいんだよ・・・あ、
うちのパパはよくやってくれてると思います。
理解はあと一歩の時もあるけど、それはもう、
他人どうしだからしょうがないな。
 で、今日は友達に言いました。
「今年に入って会ってきた女友達の、ほぼ全員
が『夫がうざい』と言ってるからさ、これはも
う、生物として当然のことなんじゃないの?」
と。何か、そう考えると、ちょっと安心します
よね。皆、同じなんだ、と。それから、私が思
うのは、なるべく夫のことを「うざい」とか
「気持ち悪い」なんてことは外で他の人に言わ
ない方が良いのかな、ということです。これは、
女友達の話を聞いたから思うのではなく、私自
身がパパに対してネガティブな感情をもったと
きに、(これを友達に言っちゃったらお終いか
も)と思う時があるんです。だから、
「男の人ってこういう嫌なところはあるよね」
と言うことはあっても、
「うちのパパはあーで、こーで、、、」
と、あまり具体的なことを言いすぎないように
しようと心がけているつもり・・・さらに、た
まに息苦しいことはあるけれど、それは私の問
題なので、
「パパがうざい」
とも言いません。そう、私が勝手に息苦しいだ
けなんです。
 「うざい」とか「気持ち悪い」って言いすぎ
ると、どんどん、悪循環になって、それが本当
になってしまう気がしますよね。試しに、毎日、
特定の人のことを、
「あの人、気持ち悪いよね」
と誰かに毎日、話していたら、きっと、本当に
気持ち悪くなるんじゃないかな。
 しかし、もしかして、あと5年もすると、ちょ
うど子供も大学生になるし(入れれば)、心から、
「気持ち悪い」と思う日がきて、誰かにそれを言
わないと気が済まなくなる日がくるのかな?いや
いや、そんな日が来ないように、私は、
「どうして、そうなるの?」
と妻たちにきいているんですよ。そして妻たちの
気持ちも多少はわかるし、元サラリーマンとして
男とまったく同様に働いてきた同志として、夫た
ちの気持ちもわかります。しょせん、他人どうし
ということをお互いに忘れちゃいけないのかもね。
 ちょっと前に会った友達がさんざん夫の悪口を
言った後で、しんみりと言ったものです。
「でもね、あんなに好きだった人のことを、ここ
まで嫌いになるというのは悲しいよ。ものすごく
悲しい。」
と。好きな気持ちは3年しかもちません。その後
をどう乗り越えていくのかが課題なんだろうなあ。
嫌われる夫も不幸ですが、嫌う妻も不幸です。そ
こをわかってあげてよ、お互いに(と5年後の自
分に向かって言っておく)。





by akira_dai | 2017-06-25 00:00

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。