人気ブログランキング |

誰もが知ってるパニック障害

 パニック障害ね、昔は、そんな病名はなくて、
「不安神経症」と言っていたんです。私は小学
生の頃からバスに乗れなかったりして、ちょっ
と神経質なところがあったから、自分はメンタ
ルが弱い、ということを薄々感じてて、小学校
で高学年になる頃は何とか意志と勇気をもって
克服を試み、子供だけで遠出もだいぶできるよ
うになったけれど、林間学校や臨海学校の宿泊
先で鼻血を出してイベントを休んだり、夜、眠
れなくて先生のお世話になったり、と、そりゃ
大変だったんです。
 それが成長するに従って、特に大学に入学し
て以降は非常にたくましくなり、仕事で海外出
張に1人で行けるようになったんだから、人間
ってすごいよね。でも、今度はそれがいきすぎ
て疲れちゃって、20代後半頃からまた体調が
おかしくなってきて、ごまかしながら仕事して
いたら、どんどん悪くなっちゃって、このざま
です。
 しかし、遊びやイベントに誘われるたびに、
病を隠して、
「ちょっと都合が悪い」
と断り続けていたら、何だか、付き合いの悪い
奴みたいになってきたので、あれは、数年前、
大学の同級生が亡くなった、その葬式の時に、
ついに、大学の同級生にだけ、打ち明けたん
です。
「PDだから難しいけれど、とにかく、葬式
には向かうから。申し訳ないけれど、たどり
つけなかった時のため、念のため、香典を立
て替えておいて!」
と。7月で、暑い夏の日でね・・・。しかも
葬式って人が多いし、当の友達が亡くなって
いるわけでしょう。予期不安でドキドキバク
バクしたけれど、カミングアウトしたら、逆
に気が楽になって、
(行けるところまで行って、辛かったら引き
返せばいいや。)
と思って、少しずつ電車に乗ることができた
んですよ。その間も、同級生たちが、携帯に
メールで、
「今どこ?来られそう?」
「オレたち、XX駅のファミレスにいるから」
なんて励ましてくれて・・・何とか、葬儀場
に着いた時は、葬式だというのに、嬉しくて
ね・・・すみません。同級生たちは、葬儀よ
りも、私の心配で不安そうな顔をしていて、
日陰に案内してくれて付き添ってくれたりし
て、本当に助かりました。
 そして、それ以来、私は開き直って、遊び
のたびに、
「PDだから行けないかも。」
と言うようになったんです。そしたら、どん
どん病が改善して、さらに出かけられる範囲
が広くなって、、、人間、開き直りも大切な
んですね。
 そして、ここにきて、同窓会も、自分が幹
事のくせに、
「私が出席できないかもしれない」
と公言してるんです。そのたびに、小学校の
同級生たちは、
「あー、PDか。そりゃ、厄介だな。」
「ちょっと前に、友達の子供が、PDで窓か
ら飛び降りたんだよ」
「同じ職場にいるよ」
と、病の説明をしなくても納得してくれるん
です。PDって、今時、皆、知ってるんだね。
市民権を得てるんだなあ。というか、それだ
け、PDの人が身近に多いということだよね。
勇気づけられます。
 同窓会は何とか参加したいと思っています
よ。まだまだ先のことですが、、、地道に、
毎日ウォーキングして、体力つけて、同級生
たちと喋って、自分の気持ちを盛り上げて、
11月に体調のピークを持っていけるように
がんばろうと思っています。とはいえ、そろ
そろラインも減り、会う人も減り、同窓会が
ある11月末までは中休み。それまでの間、な
るべく1人でも出かける機会を作って、この調
子をキープしたいものですね。1人で行くなら
映画館を克服したいですね~。

by akira_dai | 2017-08-17 23:57

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。