人気ブログランキング |

リケジョの孤独

 先日、FBに大学の入学式の写真をアップしたら、
やはり相当な衝撃だったらしく、反応が多かった
ですね。かえって同じ大学の連中は沈黙している
奴が多く、「いいね!」をこっそりしている同級
生が数人いたくらいでしょうか。
 そしたら、数少ない、女子の後輩がコメントを
くれたんです。D大は女子が少ないので、入学後
すぐに「女子コンパ」というのがあって、新入生
から大学院生まで、すべてのD大女子が集まって
飲むという歓迎コンパがあります。だから、自分
が在学中の先輩後輩の顔と名前は大体、知ってい
るんです。
 コメントをくれた彼女は1つ下で、電子工学科。
私は応用電子工学科という学科で、彼女の学科と
は兄弟みたいなもので、非常に近い内容が専門に
なります。学科は違えども同級生たちの就職先は
ほとんど同じです。それで、
「大学でも社会でも孤独だよね」
という話になったんです。
 この孤独がどんな孤独かというと非常に表現が
難しい・・・。紅一点だと、同級生たちはなかな
か優しいし、頼ろうと思えば誰にでも頼れるし、
今日一日、誰とも喋りませんでした、なんて日は
無いし、いつも1人ぼっちというわけでもない。
だが、だが・・・肝心な時に、相談に乗ってもら
える「同じ立場の」友達がいない、という感じで
しょうか。
 最もわかりやすい例を挙げれば、例えば恋愛問
題は絶対に相談できないどころか、起きたことも
明かせない。少なくとも私はそうでした。一番、
困ったのは、例えば、普段、友達として親しかっ
た人から告白されて、友達だけに、(困ったなあ。
付き合っちゃおうかなあ。でも、ちょっと違うし
微妙だなあ)と思っても誰にも相談できないし、
「告白されたのよ」
なんて、もちろん、誰にも言えないわけ。言う必
要もないんだけど、1人で悶々としてるのも辛い
んですよ。で、
「ごめんなさい」
とお断りした後も沈黙を守っていると、知らない
うちにあちらが周りの男子に相談していて誰もが
知っている噂になっていたりして、重々しく秘密
を守っていたのは私だけかよ!という複雑な気分
になったりする。
 会社に入ってからは、やはり紅一点だと、女子
ならではの仕事や人間関係(周りはすべて男)の
悩みをわかってくれる人が、社内にはなかなかい
ません。一般職の女性はそもそも仕事も環境も違
うから、
「大変だね」
と共感したり励ましたりはしてくれるけれど、具
体的に、
「こんなことがあるよね」
というところはリアルにわかってくれないし、技
術的な相談なんか絶対にわからないだろうし、だ
からといって、男性に相談したり愚痴ったりして
妙なことになったら嫌だし、さっきの学生時代の
話みたいに、男も案外、口が軽い人がいるから、
、、と、また、1人で悶々と悩んだり、解決する
方法を考えたりするわけ。
 一見、孤独じゃないんですよ。いつも大勢に囲
まれて、何となく中心にいるし、笑ってるし、イ
ベントには必ず誘ってもらえる。でも、一番辛い
時や困った時に、ほんのちょっと話を聞いてくれ
る人、実体験としてわかってくれる人、共感して
くれる人が1人もいないわけなんです。
 これ、D大卒の女子どうしで話すと、
「あるある!」
と、すぐにわかってくれます。文系女子といくら
話しても、環境や仕事の内容、男子との距離感が
違うから、リアルにわかってもらえないんだよ。
 後輩とコメントのやりとりをしていて、具体的
なことは何ら話していないんだけど、
(そうだよね、大変だよね~。)
と一を聞けば十わかる感じ。D大女子OB会、開
催したら面白いかもしれません。大体、男(旦
那ではなく、使えない同僚)の悪口大会になっ
たりします。怖い、怖い。でもね、それだけ大
変なんです。プライドが高い男の中で、衝突し
ないように、なめられないように、また、女だ
からと気を遣われないようにしながら、彼らよ
りも上の仕事をして高い評価をもらってキャリ
アを積み上げ、昇給&昇級していくというのは、
男性以上に気を遣うんです。そりゃ、使えない
男がいれば、文句の1つくらい言いたくなるで
しょう。今は自宅で仕事できるようになった私
は気楽だなあ、、、と、後輩と話しながら、そ
の気楽さが少々寂しく、少々ホッとしたのでし
た。

by akira_dai | 2017-09-17 00:18

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。