「両想い」のバランスが大切なのよ

 いつも言ってるけれど、友情であろうと恋愛
であろうと、お互いの気持ちや距離感が近い方
がうまくいきますよね。どちらか一方が、やた
らベタベタしたり、あるいは、やたら距離をと
りたがったり、と、偏りがあるようだとうまく
いきません。実は夫婦も、どちらか一方が好き
すぎるよりは、お互いに好きでも嫌いでもない、
極端に言えばお互いに嫌いな方がうまくいく気
がします。バランスだね。
 それを相性というのかどうかはわからないけ
れど、中には、性格的にものすごーーく距離が
近かったり遠かったり、という、極端な人もい
るよね。私はどちらかというと、距離を長めに
とる方だと思うんだけど、どうだろう?まず、
近寄り難い空気を醸し出しているし、実は、親
しいと思われている人にも案外、自分のことは
喋っていないと思うのだけど・・・。
 で、どうして、こんな話題を出すかというと、
先日、電話で話した男友達から、昔々、ある男
子に「切れられた」という話を聞いたからなん
です。「切れられた」、つまり「怒りを買った」
というからには理由があるはずですが、彼には
納得がいかないようでした。
「そんなことで切れるか?」
という些細なことだったわけなんです。私はそ
の切れた方の男子も知っているので、
「うーん、おかしいな。そんなことで切れる人
じゃないと思う。」
と言ったんだけど、
「それはakiraが女だからだよ。」
と言う。いや、違うと思う。何というか、、、
何かが不自然なんだよ。その話の内容に情報が
不足しているというか。
 でも現場にいなかった私がとやかく言う資格
はないし、「そりゃ、大変だったね」という程
度に聞き流していたわけ。そして何だかんだと
他愛ない話をしているうちに、(何だか、すご
---く仲良しの親友みたいに喋ってるな)と
思って、それは私にとっては問題ではなく、む
しろ微笑ましくて楽しいんだけど、ハッと、先
ほどの
「切れられた」
ということに結びついたんです。
「ねえねえ、何か、○○(相手の名前)って、
人に対してフレンドリーすぎるんじゃないの?」
「え!どうして?」
「今、話していて思ったんだけど、こちらが思
っているほど、あちらはこちらを親しいと思っ
ていないことがあるでしょう?そういうことを
考えないで、自分が大好きだと親しげにして、
親友みたいに振舞っちゃうというか、馴れ馴れ
しくしちゃうんじゃないの?」
「あ!そういえば、よく、人から『距離が近い、
近い!』って言われるんだよ」
「さっきの切れた男子も、そこまで親しくない
と思って不機嫌になっちゃったんじゃない?」
「なるほどね~」
「私もあるんだけどさ、相手はこちらが思って
いるほど、仲良しだと思ってくれていないこと
もあるんだよ、きっと。」
と、まあ、そんな話をダラダラして笑っていた
わけなんです。
 それで電話を切ってから、自分は距離をとる
方だと思っているけれど、相手によってはそれ
もわからないなあ・・・難しいなあ・・・と思
ったの。相手の方は、私のことを「知人」くら
いに思っているのに、私の方は相手のことを友
達として扱って、ずかずか踏み込んだり、逆に
自分のことを話しすぎたりしていることがある
のではないかと。基本的には相手が積極的に話
さない限り、ずかずか踏み込むことはしません
よ。でも、本来の人見知りの自分を隠すために、
敢えて馴れ馴れしく振舞うことはあるかもしれ
ないなあ、とか、色々な友達の顔を思い浮かべ
ながら考えてしまいました。そんなことを考え
ながら他人と付き合っていたら、それこそ病気
になっちまいますね。
 というわけで、深くは考えないけれど、夫婦
も恋人も友達も同じ重みで両想いだと上手くい
くんだな~と改めて思いましたね。たぶん、重
みが同じで、お互いの距離が縮む速度が同じだ
と長く続くのかもしれないね。ん?逆もあるの
かな?相性が良いと急接近するし、相性が悪け
れば最初から近付かない、そういう面もあるか。
そういえば、嫌いな相手から接触があったら、
なるべく速く話を切るし、連絡を絶つもんね。
面白いな~。
 それにしても、誰にでも「近すぎる」人って
どうよ?うざい時もあるけれど、なかなか魅力
的だよね。そういう人って警戒されることもあ
るけれど、人の懐に入るのが上手いのよね。
「また、電話させてもらうから」
と言われた時には苦笑したけれど、愛すべき末
っ子キャラクターだと思います。長子である私
には真似できない技だなあ。そんな風に積極的
に人に接触できないよ。遠慮しちゃいますよ。
私のような独りぼっちキャラには、彼のような
馴れ馴れしいキャラが必要なのかも。そういえ
ばママ友にもD大の女友達にも、そういうキャ
ラがいるなあ。最初は(近い、近い、近い!)
と思うんだけれど、結局、仲良くなってるの。
これが相性なんですかね?面白いなあ・・・。
 そして人に気軽に近付けないくせに寂しがり
屋の私は、明るいマイペースな彼らが本当に羨
ましいです。色々な人がいるものだなあ。

[PR]
by akira_dai | 2017-09-20 14:35

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。