人気ブログランキング |

結婚という「約束」

 今朝の朝ドラは、ヒロインがプロポーズ
されるわ、ヒロインの家族が歌合戦に出る
わ、で、さすがNHKだけあって、家族っ
ていいな~と思わせるシーンが満載でした!
 プロポーズのシーンでは、
「一緒に幸せになろうね」
という約束、歌合戦では、お父さんの
「素晴らしい家族です」
という言葉。こういう気持ちが大切だな、
時間をかけてこういう家族になりたいな、
と思うような絵だったね。
 そんな私は、一昨日も、知人の離婚話を
じっくり聞いたんですよ。昨年から、あち
こちで離婚&別居の話を聞かされて、私自
身も色々考えさせられて、一昨日はしみじ
み、(最後は信頼関係があるかないかなん
だなあ・・・)
と思いました。
 当人どうしは何と言うかわからないけれ
ど、ディスコミュニケーションで通じ合え
ない、さらに男女の差からも理解し合えな
い上に、信頼関係が崩壊するともうお終い
なんだなあ、と。
 極端な話、どちらか片方が病的な妄想で
相手を疑うようになったら、もうお終いで
す。信用できない人と一緒になんかいられ
ません。それでも片方が頑張って頑張って
繋ぎとめる例もあるのだろうか?ちょっと
前に読んだ「死の棘」みたいな重い話にな
ってきたなあ(苦笑)。
 恋愛と違って結婚は長丁場で、生活を共
にすることだから、相手のことを好きだな
んてことはまったく考えなくなるし、楽し
いことよりも、むしろ、鬱陶しいこと、煩
わしいことの方が多い。お金も時間もすべ
てを自由にというわけにはいかないし、年
をとれば病気にもなる。経済的な問題も出
る。そんな中で容赦なく、毎日の生活は回
さないといけない。朝起きて、着替えて、
仕事に出て、夕食をとって、入浴して、寝
る、の繰り返しをほぼ無意識に繰り返して
いるでしょう。それを繰り返すためには、
洗濯、掃除、料理、片付け、買い物、もろ
もろの作業が毎日必要になります。
 どこでも妻は、
「夫が何も協力してくれない」
と文句を言って、夫は小遣いをもらって小
さくなっているけれど、夫の方も本音のと
ころでは、
「家族のために働いている」
という気持ちがあるから、妻から面と向か
ってそんなことを言われたら、不快になる。
それがわかっているから、妻の方も不満が
あっても夫にしつこく要求できず、ますま
す不満がたまる。
 それでも離婚しないのは、無意識に信頼
関係があるからなのかなあと、ここ数か月
の別居や離婚の話の共通点を抜き出して思
いましたね。事情はそれぞれ違えども、嫌
いになる以上に、人間として相手を信頼で
きなくなったら本当にお終いなんだなあ、
って。それまで当たり前に向かい合ってい
た相手の顔も見たくない、一緒に飯を食い
たくない、という感じでしょうか。
 ちょっと前に男友達が、
「ある一言をカミさんから言われた時に、
突然、スーーッと冷めちゃったの」
と言ったことがありました。私は、
(え?そんな些細な一言で?)
と思ったけれど、彼の中では、それまで
自分の中で考えていた妻という人間像が、
短い一言で、ガラガラと崩れてしまった
らしい。別に、関白宣言のように、妻は
こうあるべき、という具体的な理想や役
割を期待していたわけではないのだけれ
ど、忙しさに追われる毎日の生活の中で、
一緒に過ごす中で、無意識に当たり前に
感じていた妻に対する「信頼」というも
のがすべてなくなってしまったようでし
た。(え?お前って、そういう奴だった
の?)という・・・。価値観の違いに初
めて気づいた場合も同じですね。(え?
あなた、そういう風に考えてたの?)と
いう衝撃が離婚の原因になったりして。
 一昨日、私は知人の離婚話を聞いてい
て、内容や事情は、その男友達と全然違
うんだけれど、(ああ、同じだなあ)と
思ったの。夫婦の信頼関係があれば、多
少問題があっても何とかやっていけるの
かなあ、って。
 いずれにせよ、別居や離婚について、
私は片側の話しか聞いていないから、そ
のパートナーの話を聞けば、ぜんぜん、
違う側面が見えてくるでしょう。だから
細かい事情や理由は、正直、重要視して
おらず、ただ、友達の話だから、共感し
ながら聞くだけです。
 でも、そういう話をたくさん聞くこと
は、知らない経験をしているみたいで、
ためになるんだわ・・・。好きや嫌いを
超えて、我慢しながらも継続できるだけ
の信頼関係を無意識のうちに築きあげて
いくことが大切なのね。継続は力なり。
 離婚するかしないかは紙一重。そして
結婚は紙一枚。そこにあるのは、今朝の
ドラマのように、一緒に幸せになろうと
いう「約束」なのかもね。「家」として
の親戚関係が希薄になっている今、危機
を感じたら、個として約束を守ることを
意識すると、良いのかもしれないなあ。

by akira_dai | 2017-09-29 13:48

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。