人気ブログランキング |

眼差しは変わらない

 ここ数日、涼しくなりましたね。過ごし
やすい季節です。今年は秋が長いといいな。
 ところで、古い友人は皆、知っているこ
とですが、私は超シャイというか、病的に
人見知りで、元来、人と話すことが苦手で
す。高校が女子だけで、同級生から、「何
もできない少年」として可愛がられたので
少々人に打ち解けるようになり、大学は紅
一点だったので、色々な意味で社交的にな
らざるをえず、一見、騒々しいキャラにな
りました。仕事も営業寄りだったので、初
対面の人との打ち合わせや交渉が多く、社
交的にならざるえませんでしたが、それで
も、人と目を合わせるのが苦手です。長い
時間、凝視していられません。
 しかし、今年に入って、久々の知人や友
人と会うようになって、小学校、中学校、
高校、大学の友達の目を凝視するようにな
りました。というのは、特に、小中高くら
いの友人と会うと面立ちが変わっている人
も少なくなく、この年になってそれなりに
皆、老けてきて、さらに、口調や言うこと
が変わって、(子供時代とは違うのね)と
寂しく思うことがあるんです。そういう時
に、唯一、何も変わらないのが、その眼差
しなんです。
 だから、今年に入って会った人たちに対
しては、目を合わせる時間が長くなりまし
た。そこに懐かしい面影、子供時代の名残
を探している感じでしょうか。一見、ちょ
っと変わってしまったように見える友人も、
瞳の中を覗き込むと、昔と全然、変わらな
い。大人になるまでに色々なことを経験し
て、私のように妙に社交的になった人もい
れば、警戒心が強くなった人、苦労が多く
て悲しげな表情になった人、やたら軽々し
く人生をなめた口をきく人、、、と、色々
ですが、その眼差しは変わりません。
 その瞳の中に、懐かしさ、当時と変わら
ない本来の性格を探して、ついつい、じー
っと目の中を見つめてしまうのですよ。そ
して、そこに昔々、子供の頃と変わらない
本質的な何かが垣間見えると、ホッとしま
す。
 シャイな私としては、他人の目の中を凝
視するなんてことは考えられなかったこと
ですが、そこに本来の彼や彼女の姿がある
気がして、覗き込んでしまいます。初対面
の人にはそんなことできやしません。今後、
会うかもしれない皆さん、瞳の中を凝視し
てしまったら、ごめんなさいね。

by akira_dai | 2017-10-03 08:06

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。