人気ブログランキング |

夫婦でへこんだ

 今日は新車の納車の日。うきうき出かけた車屋へ。
天気予報の雨もなく、すっきり快晴、これはもう私たち家族のための
お天気ではないこと!と晴れやかな気分でお出かけ。子供もご機嫌。
と・こ・ろ・が。
 やはり慣れない新しい車。特に、今度の車は、前が短く、その分後
ろが長い。前が短いのは喜ばしいが、後ろが長いのはバックのときに
気を使う。そして、我が家の駐車場は左右の幅はぎりぎり、前の道は
4mしかなくて非常に入れにくいのである。実は隣のお家の敷地を少
し拝借していつも入れているのだ。(どうも最初からそれを前提に建
築されているらしい)
 しかし、さすが我が相棒、上手に駐車した。ああ、私にはとてもでき
そうにない。水曜日からこの車で通勤なんてさらに恐怖が倍増しそう。
しかも4月からは、新しい保育園で、周りに駐車場がないから路駐必
須だし・・・頭が痛い。
 なんて思いながら、降りようとしたところ、
「あーーーーっ!」
と悲鳴が。振り向くと、スライドで開いたドアがブロック塀にこすれてい
る・・・容赦なく自動で開いていくドアを戻す術を思いつかなかったよう
だ。(後から、途中まで開いたドアを戻す方法はわかったのだけど)
「あーーーーっ!」
と私も悲鳴。その後の沈黙が、夫婦の暗い気持ちを表している。はた
してお天気も怪しくなり、突然、嵐のごとく強風が吹き、今にも降りだし
そうなお天気に。
 そうか、スライドドアは、ドアが開く分、幅が必要なのか。相棒はそれ
を承知でいつもよりは左側のスペースをとっていた。が、ほんの数ミリ
足りなかった。それで、ほんのちょっと端に傷がついた、というわけ。し
かし、ピンチだよなー。車の右側は自転車を出すために出来るだけ開
けておかないといけないし、左側はスライドの分あけるとなると、本当
にぎりぎり、「ここ!!」という線はただ1つ、って感じになってしまう。
 その後、再度、ドライブに出かけ、その「ただ1つ」の線に、駐車する
ことが出来た。傷ついた新車を後ろから眺め、
「この状態で、線を描いて置きたいね・・・」
確かにただ入れるだけならそう難しくないが、スライドドアの開く数cm
分だけ壁から開けるのは至難の業である。来週はペンキでも買って
きて、うちの駐車場の左側から、車幅+数cm(スライドドアの厚み分)
のところに、線をくっきりと描いてやろうかしら、と、へこんだ気分で思
いました。
 新車の感想といえば、パワーが足りないのと、アクセルペダルの踏
み込みの手ごたえがちょっと軽すぎるのが難だけど、あとは快適、こ
れからどんどんお出かけしたくなる気持ちになりました!
by akira_dai | 2006-03-19 22:24

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。