人気ブログランキング |

世界が狭い?!

 何でも、コールセンターのプロセスが変わるとかで、今日は私たち
エンジニアも呼び出されて、新しいプロセスのトレーニングを受けた。
が、内容はツールの説明で、説明しているのは電話を受ける事務の
女性だし、大した質問もできず(しても回答できない)、簡単に終わっ
た。
 ツールの説明のメインテーマは「検索」で、電話をかけてきた顧客
をいかにわが社のデータベースで検索するか、というノウハウにつ
いてだったのだが、
「中には、普段略称で呼ばれていて正式な社名がわからなかったり、
耳で聞いている名前と、文字で書いたときの名前が微妙に違う会社
があるので気をつけましょう」
という話があり、たとえばNHKの正式名称はこうで、NECの正式名
称はこうだ、とか、そんな具体的な社名が挙がって、説明があった。
背後で、
「一番難しいのは何といっても、A社だよな。」
と若者たちが苦笑しながらこそこそ語っているのが聞こえる。それと
同じくらいのタイミングで、講師をしている女性が、
「A社の名前が難しいのは皆さんご存知ですね」
と説明を開始した。そう、このA社こそ、信頼すべき我が相棒の会社
である。
 私は個人的に、色々な書類に夫の社名として「A社」と記載するこ
とが多く、最初のうちに結構、本人から、
「A社は、こう書くんじゃなくて、こうなの。」
と注意を受けていた。注意を受けるのが面倒くさいので、保育園の
重要でない書類には、英文字で記載していたくらい。さすがに、もう
長くなるので、正式な社名を間違えることもなくなったが、そうか、わ
が社でもトレーニングで例として挙げられるくらい、わかりにくい社名
なのか!と、思わず笑みが出る。実務に関係ないこんなところでニ
ヤニヤしている私は相当怪しかっただろうなーあ。
 このA社、重要顧客だし、よく問い合わせがあるし、で、問い合わせ
があるたびに、(これ、彼の知り合いだろうか)と思ってしまい、感じ
の悪い人だったり、面白い人だったりすると、帰宅してから、
「こんな人知ってる?」
なんてきいたりして。
 そういえば、逆に、うちの会社の営業やエンジニアも彼と会う機会
があるわけで、個人的に弊社の内部事情に詳しい彼は、営業と話
していて、(なるほど、あの話か)と思うことも多いらしい。もちろん、
黙って知らぬふりをして、ふんふん、と聞いているらしいが、それも
また帰宅してから、「XXって人、知ってる?」なんて話になる。同じ
業界は世界が狭いこと!
 世界が狭いといえば、あちらこちらの同じ業種の競合他社に、数
年前のリストラ騒ぎでいなくなった元同僚がいっぱいいたりして。た
まには、全然違う世界をのぞいてみたい、と思えば、今の私は、子
供のパパ、ママ頼りである。
by akira_dai | 2006-03-29 23:29

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。