人気ブログランキング |

相当遅くなったが

 いつものように1週間分の食材を買出しに行き帰ってきてごろごろしていて
夕方になって、「来週はもうGWだねーえ」なんて話をしていたら、ハッと気付
いた。「そういえば、節句の兜とかどうしよう?!」・・・そう、0歳のときは産ま
れたばかり、ということで、初節句を先送りし、1歳のときは、「パパのおさがり
をいただこう」と、実家でパパの兜と人形を飾ってもらい、そしてとうとう今年
の子供の日が近づいている。
「うーん、パパのおさがりのつもりだったけど、それも可哀想だから、やはり
買うか!」
とパパが言う。しかし・・・買うとなると今日しかないじゃん。来週末から旅行
だし。そしてもう夕方、16時半である。
 急いでネットで検索すると、割と近くに、五月人形を扱っている店があるこ
とがわかった。「行く?」「っていうか今日しかないもんね・・・」と、重い腰をあ
げ、急遽出かけることにする。予算はXX万。店は19時まで。
 どうせもう夕方だし、人もいないだろう、と、軽く見ていたら、いるいる、客が。
いかにも新生児という子供を抱いて、お店の人の説明を受けている。そこに
混ざってぐるっと見ていると、「人形ですか?兜ですか?甲冑もですか?」と
色々きかれる。「兜です」と迷わず答えると二階に案内される。二階は兜コー
ナーで、大きいのから小さいのまで、高いのから安いのまで、部屋中、ぐる
りと取り囲むように並んでいた。うーむ、見慣れているものでもないし、さっぱ
り何が良いのかわからん。
 しかし、私の方針は決まっていた。まず第一にあまりキンピカでないもの。
そして頭に龍(?)がついてないもの。後ろの屏風もキンピカでない方がいい。
そして、相棒と話し合って、「小さめで良いものがいいだろう」ということになっ
た。お店の人がやってきて、「これがGW直前だから、すごくお買い得で安く
なってる。ちなみにこちらは和紙で、こっちのは革製で、色が・・・」と、色々
説明してくれる。さっぱりわからないけど、どれも高級そうだ。予算のXX万で
ギリギリである。
 ぐるりと見ているうちに、ふと、小さめの兜、2つが目に入った。小ぶりだ
けれど、大きい兜よりも少し値段が高い。すかさず同じ店の人が、「こちらは
こういうわけで高くなっていて云々」と、2つの兜の違いや、周りの小物につ
いてまで説明を始める。はーあ、小物も色々な材質があるのかあ、どれも
同じと思っていたが。
 家を出る前に、「第一印象で良いと思ったのが結局いいんだよね」なんて
話していたこともあり、結局、その小さい兜のうちの1つに決めて、セットし
てある小物を幾つか他のものに変えてもらい購入した。後ろから見た時の
色や広がりが見事だし、そうキラキラでもなく、とっても気に入った。しかし、
女系一族出身の私が、まさかこんな風に自分の家に兜を持つことになると
はね。
 結局、予算大幅オーバーで、鯉のぼりは「来年にしよか?」ということに。
予算もさることながら、収納場所が問題だよね。早速、玄関に飾りました
ので、お時間のある時にはお立ち寄りください。


d0022734_2021346.jpg

by akira_dai | 2006-04-23 23:13

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。