人気ブログランキング |

ぐにゃり

 今日は相変わらず体調がすぐれないこともあり、また、午前中の
問い合わせが非常に少なかったこともあり、急遽午後半休をとって
病院へ行くことにした。薬をもらうだけなのだが、半休をとれば、少し
でも自分の時間がとれるのがありがたい。
 いつものように、会社の地下駐車場から車を出し、いつもの道を通
って、実践女子大わきを通り抜け、中央高速にぶつかって右折した
そのとき、50mほど前の交差点で、左側の駐車場から黒い車がバッ
クして出てきた。それを見たと同時に「危ない!」と思わず叫ぶ私。
バックしている後ろには、交差点を渡っているおばあさんが!!
 叫んだところで、その声が届くわけもなく、おばあさんが車にぶつか
って倒れ、その後、”ぐにゃり”と車の下敷きになった。うわー、見ちゃ
ったよ・・・と思うけれど、案外、冷静。たぶん、下半身、足のつけね
くらいまでぐにゃりと踏まれたのではないか。
 私が現場の近くに到達する頃には、車はおばあさんの上からどき、
慌てた運転手が出てきて、おばあさんに声をかけていた。幸い、お
ばあさんは意識はしっかりしており、しかし、さすがに立ち上がれず、
ひかれた足をさすって顔をしかめて話もできない様子だった。こう
いうとき、どうしようかな、どうするべきかな、と考える。降りていって
手伝うべきか・・・停止しながら成り行きを見守る。しかし、このまま
運転手だけで事態が収集できるのなら、私がさっさと通り過ぎた方
が、後方の車には迷惑がかからない。悩んでいるうちに、運転手さ
んが、おばあさんを肩にかつぎ、おばあさんの荷物を持ち、駐車場
へと連れて行った。雨が降っていた。うーん、やはり、手伝うべきだ
ったかどうか。こういうのはタイミングが難しい。でも、命は無事で良
かった。そして、ひき逃げされないで良かった。最近はひき逃げも
多いそうだから。
 おばあさんは今頃無事だろうか。あの年齢では、こういったことが
きっかけで寝たきりになったりするものだ。とても心配。そして、あ
の、”ぐにゃり”という感覚、人間のもろさ、とってもリアルでこわかっ
た。運転には気をつけよう。そして、横断歩道を渡るときも気をつけ
なくちゃ。
by akira_dai | 2006-11-28 20:23

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。