人気ブログランキング |

自治会とご近所付き合い

 今日は第二回目の地区の自治会の「班長会議」で、8月に催される
「盆踊り大会」の打ち合わせだ、というので、パパに押し付けて、ママ
は家の掃除をしていた。
 すると、パパが帰ってきて、玄関に入ってくるなり、
「いやー、役割をおっちゃったよ!」
と苦笑している。えーーーー!!!!?と驚いたが、盆踊り大会は、
自治会の一年間の行事の中でも最も大きい行事で、古くから住んで
いる老人たちははりきっているらしい。接待係りとか、抽選会係りとか
色々な係りがあるのだが、それを知ってか知らずか今日は会議を欠席
している人が多く、結局、全部の係りが決められず、まだ空いている役
割があるそうだ。
 「というわけでもあるけど、隣に座っていたTさんっていうオジサンが、
”これが楽そうだから一緒にやりませんか?”って誘ってきてさー、ほら、
そこの角の大きな家、あれがTさんの家らしいんだけど、誘われたら、
やっぱり、近所だし・・・ねーえ。というわけで、第一日目の荷物あずかり
係りね。」
と、パパは笑っている。まあ、確かに、私たちは新参もので、このあたり
ではよそ者だし、そういった行事で顔を知ってもらうのも良いかもしれな
いね、なんて話になった。
 Tさんの隣には、Kさんというオバサンが座っていて、このKオバサンは、
Tオジサンと幼馴染らしいのだが、昔なじみの突っ込みをTオジサンにし
ながら、我が家についてもきかれ、パパが説明したところ、
「ああ、あの小さい男の子がいるお家ね。」
と、すっかり知られていたらしい。この際、本当に仲良くなって、色々教え
ていただきたいものだ。
 そんな盆踊り大会のお知らせを回覧板にはさんでご近所に渡しに行った
パパ、何だかおろおろした様子で帰ってきたので、どうしたの?ときいたら、
掌に卵を持っている。
「は?卵?」
「裏のFさんからもらった。うこっけいの卵だぜ。」
と言う。そう、我々の買った家は、もともとFさんの土地の一部だったのだが、
Fさんは、お庭でちょっとした野菜をつくったりしていて、玄関わきに、小さい
小屋があり、そこに、うこっけいを何羽か飼っているのである。おかげで朝は、
まさに、コケコッコーが聞こえるのだけど。
 ご近所付き合い、自治会の班長とはいえ回覧板を回しているだけなのに、
何かといえば、物をもらってばっかり。これも、息子の笑顔のおかげか。
今晩は、うこっけいの卵で卵かけご飯にしようかしら?
by akira_dai | 2007-07-08 20:17

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。