人気ブログランキング |

花火大会

 今日は近所で花火大会である。18時には交通規制で、我が家の周辺の
道路は入れなくなるので、17時ジャストに会社を出て、そっこーでとばして
帰ってきた。既に、道の角々に警官が立っていたけれど、時刻がまだ18時
前だったこともあり、ぎりぎり、いつもの道に入って、家に帰ることができた。
 帰宅すると、熱の下がった子供と一緒に相棒が玄関に出てきて、
「今日は、花火だ花火だ」
と、いやにご機嫌である。
 うちの子は臆病だから、昨年も花火の音と光をこわがって、パパが
「こわくないよ」
と言って、抱っこして見せようとしたら、思いっきりそっくりかえって暴れて
ついに吐いた。
 「今年は泣かないよ」
と本人が言うので期待していたのだが、花火の始まった7時半、パパと一
緒に二階の部屋へ、花火を見に上がっていった、と思ったら、すぐに、
ギャーーーと号泣の声がして、逃げるように一階に戻ってきてしまった。
何だよ、今年も怖いんじゃん。
 それでも、多少は成長したのか、パパとママともう一度三人で二階に上
がると、30分くらいは辛抱してみており、時々、
「おー、デカイねーえ!」
とか、
「きれいだねーえ!」
なんて言っていたのだが、それからまた飽きたのか、怖さに気づいたのか、
「もう、見たくない。下の部屋に戻る」
といってきかず、最後まで花火を見られずに、また1階の部屋に戻って、
半分は音だけの花火大会になってしまった。
 どうも、家の子は臆病である。男の子のくせに将来ちょっと心配だ。そう
いえば私も子供の頃は花火が怖くて、豊島園の花火を毎年見に行ってい
たけれど、いつも父と母の後ろに隠れて、オロオロしていたっけ。そんなと
ころばっかり私に似ちゃって困ったなあ、と思うけれど、まあ、来年はがん
ばろーぜ、息子よ、と思うのであった。
by akira_dai | 2007-08-07 22:40

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。