人気ブログランキング |

ありがたい電話

 休職すると、週に1回、会社の看護士から電話が入る。要は、こちらの
様子うかがいで、あちらは仕事なのだが、およそ1時間も話す。体調のこ
と、今週何をしたか、とか、まあ、カウンセリングに似ている。
 家で一人で鬱々していると、特に私は家事が嫌いで何もしないから、も
のすごく自己嫌悪になり、自分の価値が無い気がしてきて、まさに鬱状態
に陥るのだが、そんなときに、この看護士さんからの電話が、思いのほか、
嬉しく支えになってくれる。
 今日も電話で1時間ほど、あーだ、こーだ、外出はほとんど出来ない、
運動会は参加できた、薬は○○を飲んでる、など、色々報告し、次の病院
の予定なんかを話した。昨日から子供が熱を出し、実家の母が手伝いに
来てくれていることも話した。(しかし、子供がいると、うかうか、自分が具合
悪い、なんて言ってられないな)
 担当の看護士さんは今月いっぱいで終わりらしく、来週からは新しい看
護士さんと話すことになるらしい。結構甘えていたから残念な気持ちだけど、
あちらも仕事だし、新しい看護士さんも同じように接してくれるだろう。
 まったく今の私ときたら、こんな簡単な電話で何とか会社とつながって
いるのだから情けない。早く良くなりたい。というのも、このままだと、仕事
はもちろん、遊んだり買い物したり、という、楽しみさえも、まったく出来な
い状態だからして。あまりがんばらずに気長に、、、と、今日の電話でも
言われたけれど、元来せっかちな私はなかなかそういう気持ちになれず
に、また、鬱々してしまうのであった。
by akira_dai | 2007-10-04 20:56

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。