人気ブログランキング |

展覧会

 保育園の展覧会に家族で出かけた。10時過ぎに保育園に到着
したのだが、大変な盛況ぶりで、守衛さんいわく、
「9時に入って、まだ出てこない人がいます。」
 入るとすぐに、先生たちが迎えてくれて、
「もも組で、おやつの試食があるから、どうぞ。」
と、そちらに案内される。そういえば、昨年も試食があった。昨年
は、パンの上に野菜やらツナやらが乗ったものだったが、今年は
スイートポテトがクラッカーの上に乗ったものと、ポップコーンだっ
た。スイートポテトはなかなか美味で、子供も喜んで食べている。
 隣のうめ組の部屋では、おりがみなどの工作教室を行っていて、
なるほど、ここに入って工作していたら、何時間もいるわけだ、と
納得。横着な私たち一家はそこには入らず、他の部屋に展示され
た共同制作なんかを見る。子供のクラスは大きなイルカを作成して
いた。先生の指導のもととはいえ、こんなに大きなイルカを3歳児が
作れるのか、、、と、感心する。子供の能力ではなく、先生の指導力
に。
 一番大きなホールには、各クラスの子供たちの作品が各々飾っ
てあり、3歳児は、みのむしの工作、「ヘンゼルとグレーテル」の話
の絵、お菓子の家の共同制作なんかが飾ってあった。うちの子は
さすが食いしん坊だけあって、お菓子の家にはりつけたケーキが
なかなか上手だった。イチゴのケーキと、タルトみたいなものを
紙粘土で作成したものだ。こんなのが作れるようになったのか、と、
感心する。お絵かきは、、、???って感じだったけど。
 大人が作品を見ている間に、子供はいつのまにかお友達と手を
つないでかくれんぼ。帰りたくてもなかなか帰れず、思っていたよ
りも長居をしてしまったのであった。
by akira_dai | 2007-12-01 15:30

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。