人気ブログランキング |

ぐるんぱのようちえん

 昨日、図書館の話題になったので、今日は絵本の話題でも。
 「ぐるんぱのようちえん」は私がちょうど子供と同じ年の頃、3歳
くらいのときに、とても好きだった絵本だ。子供にお薦めの絵本を
セットにして販売している「ほるぷ」の目録と同じ絵本をそろえて
いたら、いまだに、この「ぐるんぱ」が入っていた。他にも、私が
読んだことのある絵本がたくさん「ほるぷ」に入っていて、
(絵本って、今も昔も変わらないんだなーあ。息が長いんだなーあ。)
と驚き、感心し、懐かしく思った。
 その、「ぐるんぱのようちえん」、うちの子もおおいに気に入り、
毎日のように、「読んで、読んで」とおねだりする。泣き虫のぐる
んぱが、あちこちの仕事でクビになって、最後は幼稚園を開く
話しだが、絵が色とりどりで、かわいらしく、ページのすみから
すみまで見ると、いつも新しい発見があるような絵本だ。
 ぐるんぱが靴屋さんやビスケット屋さんでクビになると、子供
はぐるんぱが可哀相になって、
「(クビにしちゃ)だめだよねーえ。」
と顔をしかめる。それも毎回だ。私はどんなことを思っていたか
忘れたけれど、一番好きだったのは、幼稚園を開いたページで、
子供たちがぐるんぱの作った大きなお皿をプールにして遊んで
いるところだった。
 他にも、「たろのおかいもの」とか「しょうぼうじどうしゃのジプタ」
とか、当時と同じ絵本はいっぱいあるけれど、子供は子供で、私
とは違う感想をもっているみたい。彼が大きくなったときに、これら
の絵本はまだあるかしら。あるといいなーあ。
by akira_dai | 2007-12-07 23:37

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。