人気ブログランキング |

私はメタボ

 今日は会社の健康診断だった。前も書いたが、年をとると、健康診断
が怖い。きっと何か悪いものが見つかるような、そんな感じ。
 ところで、皆さんもご存知のように、少子高齢化に備え、福祉にかか
るコストをおさえるためか、国をあげてメタボ対策を進めるようになった。
だから、企業の健診では、メタボ関連で、腹まわりを測ることが勧めら
れている。いや、もしかして義務化されているのか?
 どうでもいいが、腹まわりを知らない方に計ってもらうのは非常に恥
ずかしい。しかも私はこう見えて(どう見えて?)、腹まわりが異常に大
きいのである。
 昨年は忙しくて会社の健診が受けられなかったので、外の医療機関
に健診を受けにいったら、初めて腹回り測定が項目に入った年で、看
護士さんが、私の腹にメジャーを巻きつけて丁寧に測ってくれた・・・・・
のはいいのだが、想像以上に値が大きかったのか、「あら、おかしいわ
ね?」と独り言を言いながら、もう一度測りなおし、それでも納得いか
ないのか、しかし、
「ちょっと大きすぎますね」
とはさすがに言えないのか、
「ちょっともう一度測っていいですか?」
とか言って、三回も測りなおした。私は苦笑して、
「あの、案外、かなり太ってますので」
と言うしかなかった。
 そして今年も、同じ計測が。私の順番になり、担当のおばさんが測
ってくれるが、「あら?もう1回測るわね」と、3回言った。つまり、3回
測りなおした。その後、
「おかしいわね・・・昨年のデータどうかしら?」
と独り言を言って、昨年の私の腹回りのサイズを確認し、もう一度、
測る。それでも納得できないのか、
「ちょっと、腰まわりも測らせてください」
と言い、いらない腰まわりのサイズも測り、納得したように頷いて、や
っと五回目、腹回りにメジャーを巻いて、サイズを健診票に書き込ん
だ。私はその間、どういう顔をすればいいやら、何とコメントすればい
いやら困ったんだけど、とにかく、太ってますので、あなたの計測は
正しいのです、と、彼女の肩を押してあげたい気分だった。
 私は着やせするのか、顔が小さいのか、実際よりも痩せてみえる。
それでも、最近ははかたら見て、「デブ」のグループに属しているよ
うだ。しかし、「デブ」のグループに属しているこの見た目、実際には
さらに、超デブ級の体重、腹回りがあるのである。
 母には、「メタボ家族」と家族が笑われ、部長には、「メタボグルー
プ」と属している課が笑われる。そして私は超メタボ。
 その後、見せられた「生活習慣病」のスライドで、糖尿病、高血圧、
癌、脳梗塞、心不全などの恐ろしい病名のオンパレードを見て、腹
をさすりながら、ちょっとビビッたのであった。
 図書館で、「いつまでもデブと思うなよ」を借りてこよう・・・
by akira_dai | 2008-04-17 22:18

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。