人気ブログランキング |

前向きに

 勝ち組、負け組という言葉はいつから出来たのかなーあ、と思う。勝ち負けは
運動会を経験して以来、色々なシーンであると思うけれど、何も組み分けしな
くてもいいのに、ほとんどの人が中流といっていた時代に、日雇いでギリギリ
暮らしている人もいたけれど、それを負け組という人はいなかった。組み分け
できるほど、人数が増えてきたということなのか。
 秋葉原の事件以来、マスコミはもちろん、会社でもそれが話題になるのだけ
れど、勝ち組に見える人がみんな満足して暮らしているか、といえば、そんな
ことはないし、そもそも、生まれたときから何らかのハンディ、何らかの不公平
は存在する。生まれた場所や環境、家族、病気、障害。それはそれとして受け
とめながら、皆、努力したり、へこたれたりしながら、何となく今に至り、今は、
幸せだったり、不幸を感じたり、そういったものだ。勝ち組とは何か。結局は経
済力なのか。マスコミの定義はそう見える。でも、本来、今の状況で自分の出
来ることにベストを尽くせばそれでいいんじゃないかな、と思う、というか、それ
しかないと思うのだけど。
 政治が悪い、親が悪い、上司が悪い、会社が悪い、社会が悪い、周りの人
間がなっていない、と、言ってみても、状況は良くならないし、自分も満足す
るわけがないのだし、安定しない立場で不安を感じる立場でも、死ぬまで、
昨日より良い自分でいる努力が必要なのではないか。周りは周りである。
第一、不安や不満は、自分が感じるもので、同じ状況でもそれらを感じない
人はいるものだ。
 そして、振り返ると、そのとき不幸だ、と思っていた状況が結局、良い経験
になっていたり、年をとればとるほど、(不幸も含めて面白かったな)と思う
ものでは。とはいえ、私もまだ老人ではないし、致命的な病気もないし、こ
れから、新たな試練は続くと思うけれど、泣いたり笑ったりしながら乗り越え
ていければいいなあ、と思う。そして、そんな先のことを今は心配しない。
 派遣業にさえもつけず、日雇いも毎日は無理で、年齢が40過ぎだとか、
30過ぎの女性だとかいう理由で就職できないとかいう社会は確かに問題
だとは思うけれど、20代そこそこの健康な人が、あきらめて切れてほしく
ないし、そもそも、そういう社会は切れたところですぐには変わらないのだ
から、志だけでも高くもち、タフに優しく生きてほしいと思う。愚痴を言った
り、切れたり、周りのせいにしたりして、幸せを感じることは絶対にない。
子供だった自分の若い頃を思い出して、幸せな今、実感するのである。
by akira_dai | 2008-06-19 21:39

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。