人気ブログランキング |

<   2006年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

絵よりも数字

 うちの保育園では、毎朝、出席シールなるものを、子供が自ら
選んでシールブックに貼るのだが、そのシールは、毎月、季節
やイベントに関連する何種類かのシールで、月ごとに変わる。た
とえば先月は6月だから、梅雨にまつわるシールで、かたつむり、
傘、カエル、てるてるぼうず、サツキなんかだった。ちなみにうち
の子は先月は傘が大好きで、シールブックはやたら傘だらけだ
った。
 そして今月、初めての登園日、シールを渡して、「好きなのと
りなさい」と言いながら、ロッカーに着替えなどをつめていると、
「ママ、これがいい」と差し出されたのは・・・「7」・・・え、7ですか?
そう、これは、今月のシールのタイトルにあたるシールで、7月
の「7」だ。そういえば、この子、先月も最初の日、6月の「6」を
迷わず貼ったのよね。数字が好きなのだろうか。それとも1つ
だけ違うのがあるのをすばやく確保したい、という趣味なのだろ
うか。
 「はいはい、7ね。貼ってください」
とシールブックを開くと、嬉しそうにペタリと7月3日のところに貼っ
た。うーん、6月の6、7月の7、毎月選んでいるのは単なる偶然
か?ちなみに、5月のところを見ると、ある日のところに、こいの
ぼりが貼ってあり、そのこいのぼりの下に怪しいシールがもう1枚、
重ねて貼ってあるのよね。これ、「5」だと思うんだよなー。
 まあ、いい。8月になって「8」を選ぶようなら、彼はきっとかわい
らいしイラストよりも数字が好きなんだろう。そして、きっと「8」も
選ぶだろうな、とママは覚悟しているよ。
by akira_dai | 2006-07-03 23:11

新鮮枝豆

 こちらの市に引っ越してきてから最初に住んだマンションのお向かい
に、農家が直売している野菜屋さんがあって、マンションに住んでいる
頃は何回か買っていたのだが、引っ越してからご無沙汰していた。
 実はそこの野菜が、新鮮なだけあって味が濃くて香があっておいしく
て、特に枝豆はスーパーで売っているものとはまったく違うもののよう
に甘く、しかも全然安くて大量なので大変気に入っていた。また夏にな
って枝豆の季節になったので、「あそこへ行って買ってこよう」というこ
とになった。
 大体、引っ越してからご無沙汰といっても、自転車で行けばほんの
10分もかからないところだし、近いのである。平日は寄る暇はちょっ
とないけれど、休みの日なら毎週通ってもいいくらいの距離だ。
 帰ってきて早速枝豆をゆでてつまみ食いしてみると、これがやはり
本当においしい。「普段、食べている枝豆は何なの?」と相棒が驚く
くらい。そういえば、同じところで買ったきゅうりも、何というかクセが
あって、これと比べたらスーパーのきゅうりなんかまるで水のかた
まり、みたいな感じ。普段、宅配でも割と濃いめの野菜を買うように
しているのだが、枝豆はここの直売がやっぱり一番!と思う。この枝
豆があるだけでも、ここに引っ越してきて良かったねーえ、と思うほど、
ファンです。
by akira_dai | 2006-07-02 17:13

庭下見

 今日は、庭のデザインのために、測量士が庭の測量と写真撮影に
やってきた。正直、見せるのが恥ずかしいくらいボーボー、元々入り
口に植えてあったコニファーは、今や三角の形をとどめずに、じぐざ
ぐに横にのびてるし、元々あった花壇も、何だかよくわからない小さい
花がはえていたり、地面まで葉っぱが伸びて、暑苦しい惨状。
 「どうしていいか全然わからないので、デザインだけでなく色々教えて
ほしいんです。ちなみに、花壇も、どれが雑草でどれが元々はえてた
草なんだかさっぱりわからず」
と言うと、
「普通は宿根草を植えているはずなので、今年も咲くはずなんですが」
と苦笑された。
 はたして、彼は30分ほど、外で測量をしたり、配管の位置を調べたり、
花壇の様子を見たりして、その後、私たちを、「ちょっといいですか?」と
呼び、花壇の中を、
「これ、雑草です。これも雑草ですね。この咲いてるやつも・・・元々植え
てあったとは思えないなあ」
と、遠慮がちに苦笑しながら教えてくれた。
「あのー、こういうのは抜いちゃうとして、植えてあったやつは、どうすれ
ば?」
ときくと、
「どんどん伸びちゃいますから、先っぽを切っちゃっていいですよ。」
と言う。そこで、私はコニファーのところまで連れて行って、
「この根元に一年草がはえてたんですけど、この枯れてるのをとって、
また新しいの植えればいいんでしょうか?」
ときくと、
「そうそう、これをとって植えれば大丈夫ですよ。」
と色々親切に教えてくれて・・・助かった。デザインはともかく、こういう
ことを色々教えてくれるお店と長く付き合いたいものだ。
 結局、デザインと見積もりには2週間かかる、ということで、一旦、彼
は帰っていった。
「暑い中、遠いところどうも。」とお礼を言うと、
「いや、実は自宅が近いんです。」ということで、何でも、同じ市内で、
私が会社に行く途中いつも通る近所の人だった。これまた良かった。
 はたして、どんな庭になることやら・・・手がかからない、草抜きが少
なくて済む、でも、時折お花も咲く、そんな庭が出来るのだろうか。そ
していくらになることやら。期待と不安を抱きながら2週間待つことに
なりそうです。そして、あと2週間、庭、どーするかなーあ。花壇の草
抜きくらいはしたいんだけど、毎週雨で、本当に困っています。
by akira_dai | 2006-07-01 17:04

AKIRAの日常、考えたこと、など。平凡です。